星と石ころ日記

神戸在住。風の吹くまま気の向くまま。

「周りの方が流してくれた汗によって自分が存在できている」

タイトルは、ダビド・ビジャ選手の引退会見での言葉。

 

チームのトップスコアラーであり、ワールドクラスのプレーを見せてくれるビジャの、突然の引退発表は衝撃的だった。

 
f:id:firesign0916:20191214234919j:plain

 

「サッカーに引退させられるのではなく、自分の意志で引退を決めたい」

そうも言われていた。長い間考えて、このタイミングと決断されたのだろう。

 

しかし、引退は今すぐでなく、天皇杯で優勝を成し遂げたあとに引退をしたい。

「今日、このような会見を設けたことが、残りのシーズンの試合でいい形で臨めることへの助けになってくれればうれしいです」

その言葉を、引退会見に同席していたチームメイトたちは、どんな気持ちで聞いたのだろう。

 

会見後のリーグ戦残り3試合、C大阪、鹿島に連勝して迎えた12月7日の最終節・磐田戦。

試合終了後にファイナルセレモニーとビジャ選手の引退セレモニーがあると告知され、少し寂しい気持ちでノエスタに向かった。

 

そして・・・


f:id:firesign0916:20191214231424j:plain

 

大きな幕が下からせり上がってきた。びっくりした!凄い!!
バックスタンドにも『7』のコレオ!


f:id:firesign0916:20191214231912j:plain

バックスタンドは自分が座っているところなので、見たくても見えない。
ビジョンに映った「7」
きれいにできてる!と感動して、思わず神戸讃歌が始まる前にツイート↓




 
試合は、神戸 4ー1 磐田 勝利!
ビジャがPKを決めて、ポルディがハットトリック

素晴らしい試合だった。

 

 

余韻に浸りながら、ファイナルセレモニー&ビジャの引退会見を待った。

 


 

8月に鳥栖トーレスの引退セレモニーを現地で見ることができた。そのときのイメージから、ノエスタの屋根を閉めるんだろうなとは思っていたが・・・

f:id:firesign0916:20191215000232j:plain

f:id:firesign0916:20191215000412j:plain


大きな和太鼓の力強い演奏のあと、レーザー光線と音楽の競演は、まるでいつか見たサカナクションのライブのよう(笑)

フィンク監督→背番号の大きい順に選手がひとりずつ登場。登場するときは火柱?が上がり、ピッチ上に背番号と名前が映し出される。

f:id:firesign0916:20191215000826j:plain

f:id:firesign0916:20191215000900j:plain
 

ここまでやるとは・・・もう変な笑いが止まらなかった(笑)

いや感動したんだよ?ここまで準備するの、大変だっただろうな、選手はここまでの演出って知ってたんだろうか・・・などいろいろ考えながら見ていた。

f:id:firesign0916:20191215001249j:plain

背番号1のダイヤ選手まで登場したら、続いて副キャプテン西、蛍選手、キャプテンのイニエスタ選手、そしてトリはビジャ選手。


f:id:firesign0916:20191215001446j:plain

・・・もっといいカメラを持ってきたら良かった・・・

 

ファイナルセレモニーのレポート(神戸公式サイト)→

https://www.vissel-kobe.co.jp/news/article/16954.html

今シーズンの三木谷良一賞は山口蛍選手!(きっと満場一致でしょう)

 

ビジャ選手の引退セレモニーのレポート(神戸公式サイト)→
 https://www.vissel-kobe.co.jp/news/article/16967.html

 

ビジャフレンズからのメッセージには感動した。世界的に実績のあるアスリートたちがビジャに贈る言葉を聞いて、ビジャの偉大さを改めて実感した。

また、彼が今まで獲得したたくさんのトロフィーを飾った台が並んだ中で、ひとつだけ空いている台がある、のくだりには震えた。

 

セレモニー終了後はビジャとご家族を先頭に、選手・スタッフが場内一周。

私達もスタンドで、入場時に配られた赤いペンライトを掲げた。(ペンライトのつけ方がわからなくて焦った)

ライトが落ちて真っ暗な中で一斉にスタンドが赤く光った時、本当に感動したよ!

 
f:id:firesign0916:20191215003103j:plain

f:id:firesign0916:20191215002932j:plain

f:id:firesign0916:20191215003035j:plain


ジュビロ磐田のサポさんもほとんど残ってくださっていて、ペンライトをつけてくださった。おかげで観客席全部が赤くなり、本当に美しかった。ありがとうございました!



f:id:firesign0916:20191215004619j:plain


スタンドからは口々に「ありがとう!」の声が、ビジャに、選手たちに。

そしてゴール裏前で、全員で神戸讃歌を。

本当に素晴らしいセレモニーだった。

準備されたみなさま、ありがとうございました。

 

 

 

[後日談]

最終節で掲げられたビジャの大きな幕は、クラブが準備したのではなく、ゴール裏で応援を統率されている方々だったらしい。

本当にありがとうございました!

 

 

 

徒然... でなく

しばらくぶりに更新しようと思ったら、「記事を書く」の使い方を忘れてしまったという(汗)
そしてTwitterのように文字数制限のない、広大な入力画面にとまどっています。



行きたいライブを見つけたのに、ヴィッセルの試合とモロに重なっていたので凹んでいます。

分身できないかな?



「徒然」とは、「することがなくて退屈なこと」

ではその逆は何という?

これからのつぼみで一杯の今

ここに引っ越す前のブログで、リンクさせてもらっていた方々のブログをのぞいてみた。
・・・ほとんどのブログの更新が止まっていた。

私も人のことを言える立場ではないけど、寂しいね・・・


わたしがこのブログを始めたのは、2005年2月12日。
ここ数年開店休業状態だったけど、今年の2月12日で丸14年、15年目に入る。
始めてから10年近くはマメに更新していたのに、ここ数年放置していたのは・・・

・2013年春に転勤後、忙しくて更新する時間も余裕もなかった
・同年、大病を患い入院・手術を受けて、その後ライブにも行けなくなった
・ライブに行かないと、書くことがない

などなど。

それから、病気をしたあとサッカーにはまり、そちらに時間を割くようになった。
その前からやっていたTwitterで、リアルタイムに思いをはき出せるようになったこと。
も大きいかな。


でもでも。
昔の自分のブログを読み返すと、当時の光景や出会った音楽、出会った人たちがよみがえってきて。
これからもそれを大切にしていこう、という気持ちを強くしたのでした。

あの日があるから今の自分がある。


今までの花で一杯の今
これからのつぼみで一杯の今  


どこかで見かけた誰かの言葉。

お引っ越し

ブログをまったく更新せず放置していたら、

 

はてなダイアリーが終了するとのことで、こちらのはてなブログに引っ越ししてきました。

 

これを機に、たまには更新しなければ・・・(反省)

 

まだここの使い方がわからないんだけど・・・

 

前のダイアリーはもう新しい記事が書けないようだけど、引っ越したことを自動でお知らせしてくれるのだろうか?

 

あ、もうひとつのはてなダイアリーも引っ越してきました。 

HEART IS THERE

 風の強い日を 選んで走ってきた


サッカーつながりの人とツイッターでやりとりしていたら、思わず昔聴いていた音楽の話になって、持ち帰った仕事もせずにいろんな音を聴いている。


9月16日は、うちの愚息と愛するバンド、ピロウズの誕生日。

おめでとう!おめでとう!

来年になると少し時間ができて、またライブに行けるかもしれない。

おばあちゃんになっちゃったけどね。。。



 あなたに 今ほら手を伸ばすよ

今年も桜は美しい。




偶然お二人の方から、かなり昔の日記にコメントをいただいた。


2005年と2009年。


旅の話とCー999というバンドのラストライブの話。


自分でも読み返してみた。


恥ずかしい・・・(笑)


でもそれ以上に、記録に残しておくって大事だな、と感じた。


楽しいことも幸せなことも、悲しいことも辛いことも、過ぎてしまえば思い出のひとつ。


そしてそれは、明日を生きる力になる。




C-999/3年間の雨宿り

 歩いた場所 その全てが 君が生きる証

2007〜2009年頃はわたしの中でブログがマイブームで、毎日たくさんのブログを更新していた。


久々にここ以外のブログを読み返してみた。


いろんな種類のブログに手を出していたけど、それぞれのログインID、パスワードを忘れてしまい、もう編集できないという。。。





そして、ここにいただいたコメントのいくつかを読み返した。もう懐かしくて懐かしくて・・・


実際にお会いした方、一度もお会いする機会のなかった方、みなさんお元気でしょうか?


それから、大好きなバンド、通い詰めたライブハウス。


忘れてないよ。


またいつかきっと。




タイトル曲:LOST IN TIME 「証し」