星と石ころ日記

神戸在住。風の吹くまま気の向くまま。

成人式の朝の失敗


今日、本当はピロウズZepp Sapporoのライブに行くはずだった。


それが、チケットを申し込んでずいぶん経ってから、次男の成人式の日だと気づいた。

わたしの頭の中の成人式は、今も1月15日なのだ。



2年前の長男の成人式のとき、前日がピロウズ@高円寺HIGHのライブだった。


このライブは、ピロウズのFC限定でそれもひとり1枚しか申し込めないというレアなものだったのに、見事当選!

長男はその前から「成人式の式典には行かない」と言っていたので、わたしは嬉々として東京へ向かった。


ライブが終わってホテルに帰ったら長男から電話があった。

「やっぱり成人式に行くことにした。高校のときの友達と今日たまたま会って、一緒に行こうと約束した」と。


いや〜〜〜(汗)

何ひとつ準備していない。。。スーツとか。

慌てて予定を変更して翌日始発の新幹線で神戸に帰って、なんとか準備ができた次第。



なので今回はおとなしく家にいて、次男を式に送り出そうと決めた。

自分で決めたことだし、大体ライブと成人式を比べるものでもないし、平気平気。


そう思っていたのに・・・・



今朝、次男にこう言ってしまった。


「ほんとは今日、ピロウズのライブのために札幌に行くはずだったんよ。でも成人式だからやめといた。」



はっ!!


しまった〜〜〜!!!



次男はひと呼吸置いて静かに、


「行けばよかったのに。」(別に俺、頼んでへんし)


心の声まで聞こえた。



あーーー!あほや、わたし。


次男の性格を考えたらそうなるのはわかっていたのに、何を恩着せがましく。。。


長男なら「そりゃ悪かったな、ありがと」って言うと確信してるけど、次男は違う。


しかも次男の反応のほうが普通じゃん!



口から出した言葉は元には戻せず、苦い後悔でいっぱいになり、身支度をする次男に必要以上に優しくしてしまったのだった。





20歳。


母歴も20年。



20年も一体何をやってきたのだろう。

もう役目が終わろうとしているのに、まだまだ未熟だ。



そもそも「親」ってなんだろう。


そんなことを考える機会もないまま突っ走ってきた。



家族カウンセラーの中尾英司さんという方が、「親」という字についてこう書かれている。

引用させていただく。


「親」とは、「辛」い「木」をそばで「見」ている人だ
辛い木とは、切られたばかりの生木


その切断面はジクジクヒリヒリとして痛ましい
見ていられなくて手当をしたくなる


手当をすれば、自分はやるだけのことはやったと肩の荷を下ろすことができる
しかしそれは、木の自己治癒力を奪い、自分がラクになるだけのこと


だから、木の辛さをともに感じながら傍にいて黙って見守っている
木は長い時間をかけてゆっくりとカサブタができ、やがて治癒していく


見守ってくれている人がいるから、自分の傷と向き合う勇気が湧く
どの人も、人は自分で自分を癒す力を持っている


親とは、そのように相手を信じて見守る人のことだ


(『あなたの子どもを加害者にしないために』より)



「相手を信じて見守る」


これがなかなか難しい。

息子たちは、「自分の傷と向き合う勇気」「自分で自分を癒す力」を持てただろうか。



まず何よりも、自分自身はどうなんだ?

と、自分と向き合ってみなければ。



手当てをしようがしまいが、

親は死ぬまで親。